2008年11月03日

新種のバイアグラ

viagra_sonof-300x197.jpg28日のロンドンANI通信によれば心臓が弱くて手を出せない人も多い。と言われていた勃起機能不全(ED)治療薬「バイアグラ」だが、今回その弱点を改善した薬で治験を行うようになった。

1998年、アメリカで承認されたバイアグラ。
男性にとっての夢の新薬だった。新薬の承認をなかなかしない厚生省も、驚異的な理解を示したと見え、翌1999年1月には国内向けの製造を認め、3月からファイザー社が製造、医療機関を対象に販売を開始した。

しかし従来の「バイアグラ」は、30分前には服用必要であり、副作用もなかなか無視できないものとされてきた。

今回ロンドンで発表された新しい勃起機能不全(ED)治療薬「Avanafil(アヴァナフィル)」この新薬は、服用のタイミングは15分前で大丈夫で、元来までのバイアグラだと8時間、血中に薬効が残るのに対し、「アヴァナフィル」なら1時間半で消えるという。
posted by kou at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。