2008年11月06日

石井慧とダラをイ・ラマ14世

最近何かと話題の石井慧が慧が両国国技館で講演行ったダライ・ラマ14世に進路の選択のいついて質問するという一幕があった。

今柔道から総合格闘技への転向ということで「自分で決めた方がいいのか、長いものに巻かれる必要があるのか」。
と石井

石井は今回講演の終わったダライ ラマに花束を進呈する役として出席していた。進呈の時間に来ればいいとのことだったが講演もちゃんと聞きたく最初から聞いていたらしい。偉い!!わーい(嬉しい顔)

ダライ・ラマの返事は「仏教的な観点から答えれば状況をよく調べ、考えてみることだ。たくさんの方のアイデアを取り入れることもためになると思うが、それによって自分自身で判断を下すことが最終的になさねばならない道だと私は思う」と答えた。
石井は熱心に聞いていたらしい。グッド(上向き矢印)


石井
にもこんな一面があるんですね。exclamation×2
posted by kou at 22:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。